医療方針

私たちが大切にしていること(理念)」を礎に、以下の方針にて病院の運営にあたっています。

訪れる飼い主さん、動物達が心休まる環境を提供する

心休まる環境を支える要素は何か。私たちは日々の医療の中で、常にそれを問いかけ確認し、実践しています。

信頼される高い臨床技術を常に追い求めて修道する
獣医師またはスタッフに対する技術の継承と教育は恒常的に行われ、必要に応じて海外留学などをカリキュラムしています。
最高の環境を目指す
最先端の医療機器の導入を積極的に推し進め、機器の選択は人の医療の領域にまで拡がり、必要であれば是非もなく導入を常に推し進めています。また一例に過ぎませんが、医療機器の充足のみならず、動物の命を守り抜く使命に沿って、災害発生時にも最低限の医療を行えるように必要な物を備蓄を開始しています。
人格の成長無くして獣医師・スタッフとしての成長無し
獣医師、スタッフである前に1人の人間であり、人格の成長無くして獣医師・スタッフとしての成長はありません。ゆえに当院の教育は、人的成長をベースとして成り立っています。
ドクターオザワ動物病院で働く誇りを
所属する獣医師・スタッフにできる限りの満足が得られる人事を尽くすことも、ご来院いただく皆様の満足に結果的につながると考えています。
でき得ることは、できるだけ
責任を持てないことはさておき、でき得ることはできるだけ自発的に取り組む姿勢を重視しています。
飼い主様との関係の構築

こちらにインフォームドコンセントについて少し触れましたが、横文字を並べるとそれらしく聞こえて考え物なのですが、膝と膝をつき合わせ、飼い主様と会話を重ねて参ります。飼い主さんも獣医師も誰1人として動物と会話などできません。だからこそ、情報と状況を共有し、ベストな選択がなされるべきなのです。極端なたとえ話ですが、会計などは謳わずとして明瞭なはずなのです。

医療・設備・品質
私たちについて
私たちが大切にしていること
医療方針
院長紹介
ドクターオザワ動物病院の歴史
ドクターオザワクオリティ
医療機器紹介
法令の遵守について
TOPへ戻る
TOPへ戻る