HOME > 病院案内 > 八王子CTセンター > CT検査のメリットと必要性について

責任者・スタッフ一覧

CTはX線を利用して、外科的侵襲をせずに身体の中をのぞくことのできる装置であり、全身の疾患に適応することができます。特に、椎間板・腹部・肺の病気、腫瘍、骨折に対しては高い威力を発揮します。

CT検査を行うメリット

従来のレントゲン検査・超音波検査よりも「診たい場所」を「細かく」そして「より明確に」見ることができることです(従来の検査方法では診ることの難しいケースも多々あります)。つまり、従来では獣医師の非常に高いスキルに依存していた検査を、CT装置を利用することによって、獣医師の診断を強力にサポート。結果として、より早期に疾患・疾病の発見を行うことができます。また、外科的侵襲が無いため、動物たちの負担も軽減できます。



※CTと超音波の画像比較:検査方法は状況に応じて最適なものが選択されますが、CT画像と超音波画像の違いをご覧ください。CT検査は副次的なメリットとして、飼い主の皆様に状況をよりわかりやすくご理解いただけることが、ひとつ大きな特長としてあげられます。

CT検査の必要性について

レントゲン検査・超音波検査などでは掴みづらい体内の状況を、その場でより明確に把握するために用いることはもちろん、疾患・疾病は、その原因を早期に確実に掴むことが何よりも重要です。そこで定期的に、動物たちの身体の状況を撮影し、事細かに見ておくことは、何よりも疾患・疾病の予防につながります。また、飼い主の皆様のご安心にもつながると考えています。ドクターオザワ動物病院としては、何よりこの有効性を広く多くの飼い主様にお届けしたいと考え、CTセンターの開設を行い、お気軽にご利用いただける診察料金を設定しています。


TOPへ戻る