責任者・スタッフ一覧

当院は複数の検査を併用することで、より精度の高い診断や治療を目指します。今回、さまざまな検査の一つであるCT検査が、CT装置の刷新によって新しくなりました。

CTとは、コンピューターとX線を利用した画像診断システムのことです。X線を360°方向から照射(スキャン)し、そのデータをコンピューターにて計算して画像化します。同じX線を使うレントゲン検査よりも、病変の部位や形状等の細かい情報を得ることができます。また、画像処理で3D(3次元)化することで、どこの部位に、どのような変化が生じているかをわかりやすく映像化できます。

ほとんど全身の検査に対応可能で、特に椎間板、腹部などの病気、骨折、腫瘍などの検査に対して、高精度な診断が可能となります。また、病気に対しての検査・診断だけではなく、全身、歯、腹部のスクリーニングなどにも利用可能で、CT検査による健康診断も可能です。

CTは人間の医療においても、レントゲンではわからなかった早期の腫瘍を発見する検査機器として日常的に使われています。動物たちにとっても、CT検査をX線検査やエコー検査のようにもっと身近で一般的な検査にしたいと考えています。

16列マルチスライスCT装置 ECLOS(日立製)

1回のスキャンで、身体を16列に輪切りにして撮影できる装置です。従来のCT検査と比べて撮影時間が短くなり、麻酔時間・被曝量を低減できるため、動物たちに優しく、安心して検査をお受けいただけます。

3D化画像処理について

通常は、人医療の世界と同様で、皆様もよくご存じである、いわゆる現像済みレントゲンフイルムにて診断を行いますが、状況に応じて※13Dでの画像診断が可能になります。したがって、よりわかりやすく、確実に患部の状況を把握することができます。

.

.

上のサンプルのとおり、患部を特殊な処理で3D化することができ、たとえば椎間板の変形箇所などが特定しやすくなり、それに従って、適切で迅速な診断・処置が実現できます。

※1 診察時における獣医師の状況判断からのご提案、若しくは飼い主様のご希望に応じて3D化処理を専任のオペレータによる別途オペレーション作業費用を頂く形でご提供いたします。

麻酔・造影処置について

CT撮影はその性格上、全身麻酔や造影処置が必要となりますが、処置によるリスクを最大限軽減し、ご安心いただいて検査に臨んでいただけるように、当院では信頼性の高い麻酔機(およびモニター)造影のための機器を導入・利用しています。
詳しくはこちらをご覧ください。


TOPへ戻る